きりざいってなんだろう?

 

新潟県南魚沼地方に昔から伝わる郷土料理です。この地域は日本有数の豪雪地であり冬期間は長く雪に閉ざされたため「塩漬け」、「漬物」、「干物」等長期間保存の効く食文化が発達しました。そして、肉や魚がほとんど食べられなかった時期は、良質のたんぱく源である納豆は大変なご馳走でした。そこで、昔のおばあちゃん達は、貴重な納豆を大切に食べ続けるため、漬けすぎて余った漬物や野菜を細かく刻んで量を増やして食べることを思いつきました。すると、“びっくり”手軽なうえ、納豆のにおいやねばりが苦手な方にも食べやすく栄養バランスにも優れた魔法の食材となったのです。

コメントを残していただけるとうれしいです!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です