第9回B-1グランプリin郡山 出展しました!

DSC_2173
10月18日19日第9回B-1グランプリin郡山〜東北・福島応援特別大会〜が45万人の来場者を集めて開催されました。

ゴールドグランプリは十和田バラ焼きゼミナール(青森県十和田市)
シルバーグランプリは熱血!!勝浦タンタンメン船団(千葉県勝浦市)
ブロンズグランプリは今治焼豚玉子飯世界普及委員会(愛媛県今治市)
の皆さんが受賞されました。おめでとうございます!
DSC_1420

我が南魚沼きりざいDE愛隊も昨年に引き続き2回目の出場を果たしました。新潟県からは唯一、我が隊のみの出展ということで南魚沼はもとより新潟県を代表して2日間総勢63名の市民で明るく、元気に、さわやかに、そして常に笑顔で頑張って愛する地域を発信して参りました。
_IMG3382
10524580_561315233980176_7510455735495005686_n
今大会は東北復興、福島復興を掲げての大会でありました。
本来なら我が同志・浪江焼麺大国の地元浪江町での開催でありましたが福島第1原発の事故の影響で浪江町に入れない状態が今なお続いており、郡山市での開催となった訳であります。2b780538
仮設トイレの壁には、浪江町から避難して仮設住宅にいる方が作られたお花が飾られてました。

今年は我が南魚沼、新潟県も中越大震災から10年、中越沖地震から7年の年であります。同じ被災の苦しみや悲しみ、痛みを感じる私たちが出来ることは被災地に行き被災者と話をすることが何よりも励みになることを経験しております。
ひとはひととの交流によってエネルギーが湧いてくるものです。
南魚沼きりざいDE愛隊が新潟県を代表して63名のメンバーがたくさんの想いとめいいっぱいの愛を胸に郡山に向かいました。
 83262a42-s
南魚沼の小学生が田植えをして育ててきた稲を刈り、はざ掛けして収穫された南魚沼産コシヒカリの新米、メンバーが刻んだ野沢菜、沢庵そして一粒一粒を包丁で叩いた納豆。南魚沼きりざい丼の一皿にいっぱいの愛が詰まっているんです。
7d18d1fe-s
その一皿にかけた想いを福島の人たちに食べて頂き、少しでも元気になってもらえたら、一瞬でも幸せを感じて頂けたらと願い提供させてもらいました。
B-1郡山
食べた方の笑顔が私たちの歓びとなりました。たくさんの方のスマイルフォトが残せて感激致しました。
DSC_1410
元気を与えに行った我々が逆に被災者の前向きな姿と明るい瞳に元気をもらい、ボランティアで手伝ってくれた子どもたちの澄んだ心に感動をもらいました。
e76dd39d-s
我が南魚沼きりざいDE愛隊もまだまだやるべきことがたくさんあることに改めて気付きを頂きました。浪江焼麺大国の皆さんはまちおこし以前にまちのこしを目指してメンバー一丸となって活動しております。それに比べたら私たちはまちおこしが出来て幸せです。
 ae9a5f9f-s
来年は第10回という節目の大会に向けて今から南魚沼きりざいDE愛隊はリ・スタートを切ります。
胸を張って言うよ!私たちが1番南魚沼が大好きです!
今後とも南魚沼きりざいDE愛隊に対しまして皆様の応援ご支援を宜しくお願い申し上げます。南魚沼きりざいDE愛隊 代表 目黒哲也