神楽南蛮ってなんだろう?

52d3b1ee-s

魚沼・長岡地方のご当地野菜「神楽南蛮」(かぐらなんばん)

辛味野菜というと、一般的には長細い形をした唐辛子を思い浮かべるかと思いますが、かぐらなんばんは、よりピーマンやパプリカに近い品種です。 長細くなくゴロゴロとした形と、”しわ”が深く、神楽の獅子に似ていることから、いつしかかぐらなんばんと呼ばれるようになりました。 特にこの地方のものは、皮が柔らかく、実が厚く、唐辛子の辛味とは一線を画すマイルドな辛さが特徴です

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です